円滑に退職するまでのプロセス

看護師の仕事にかかわらず、円満に退職するには計画的に行わなければならない。就業規則はそれぞれの病院によって異なるため、就業規則に定められた期間までに伝えることが大事だ。一般的には退職を希望する1ヶ月前までに伝えると規定されていることが多いが、2ヶ月前、3ヶ月前など早めに伝えることを規定している病院もある。
退職の意思を伝えるのは直属の上司で、いきなりこの日に退職したいと切り出すのではなく、退職の相談として持ち掛けるのが賢明だ。ただし、別の病院に転職が決まっている場合は、就業規則に関わらず早めに意思を伝えるのとスムーズに行える。
退職の意思を伝えたら、具体的な退職日の調整を行う。通常、こちらが希望する日と現場の引継ぎやスケジュールの調整をしながら行われる。人員不足の現場では、退職日が引き延ばされる可能性もあるため希望は明確に伝えることが重要だ。退職日が決定したら、親しい同僚や先輩には伝えておくのが礼儀である。そして、上司に退職届を提出するのも忘れてはならない。退職届の退職理由は具体的な説明をする必要はなく、一身上の都合でよい。
退職届を提出したら、退職日までの間に仕事の引継ぎを行う。自分が行っていた業務をリストアップし、スケジュールを立てて引き継ぐと効率的に行える。退職日当日は、お世話になったスタッフや患者さんに挨拶をして最後の誠意を見せる。きちんとプロセスを踏んで行うと、揉めることもなく円滑に退職できるだろう。

転職へのプロセスおすすめ〉〉〉悩めるナースの参考書