時期を考えて退職しよう

他業界に閑散期と繁忙期があるように、看護師が活躍する医療業界も例に漏れず、閑散期と繁忙期がある。医療業界の繁忙期とされるのは、GWやお盆、年末年始など医療機関が長期休みに入る時期だ。しばらく受診ができなくなるため、通院治療中の患者や、気になっている症状が悪化する前にと訪れる新規患者が増えるのである。

こうした繁忙期の最中には、やはり退職時期が重ならないように注意しておきたい。そもそも、その時期は忙しさから引き止められるケースが多く、結局そのままズルズルと先延ばしになる可能性も考えられる。そのため、円満を意識しつつスムーズに退職したいのであれば、閑散期に退職時期が重なるように行動するのが賢明だろう。