看護師が退職する理由とは

医療現場は人の入れ替わりが激しい。単純に人事異動もあるが、それ以上に多いのが自己都合による退職だ。特に看護師は医師と患者の板挟みになることが多々あり、日頃から不満を抱えている。その不満が蓄積されていくことで、退職に繋がるのである。

退職理由の例として、プレッシャーを感じることが挙げられる。看護師は人の命を預かる以上、些細なミスも許されない。もしもミスをしてしまえば、患者の命を奪う恐れがあるだけではなく、自分自身の信用が地に落ちることにも繋がる。ミスをしていなくても、こうしたプレッシャーから仕事が手につかなくなるなど悪循環に陥ることもある。

また、仕事と給料が見合わないことも退職理由として挙げられる。看護師は激務であるため昼食もまともに取れなかったり、休暇が簡単に取れないこともある。体力も精神も消耗しているのに、給料が思ったより少ないことから退職を決める看護師が多い。

さらに、勤務時間が合わないことも退職理由の一つだ。看護師は夜勤や残業が付き物であり、プライベートの時間を削らなければならないことも多々ある。必然的に休む時間も少なくなるため、一度体調を崩すと治しにくいこともあるのだ。

退職理由によっては、引き止められることもある。引き止められても辞める意志が固いのならば堂々としているのが賢明だ。ここで下手に退職理由に嘘を加えたりすると、退職できたとしても後味が良いものではない。どのような理由であれ、正直に答えられるようにしよう。